ラグビー、代表戦準備で出場制限

10月の第7節トップリーグ

©一般社団法人共同通信社

優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」

 日本ラグビー協会は10日、今季トップリーグ(TL、31日開幕)で協会が指定した選手を出場させない「プロテクト節」を設け、10月20日の第7節で実施すると発表した。10、11月の日本代表戦に臨む選手に休養を与えながら準備を整えるのが狙い。初の試みで、対象選手は後日発表する。

 第7節は全16チームによる8試合を開催予定。公平性に配慮し、1チームの出場できない選手数によって外国籍の選手が同時にプレーできる人数の上限を増やす。日本代表は10月26日に世界選抜戦、11月3日にニュージーランド戦、同17日には敵地でイングランド戦が組まれている。