新監督就任もプレシーズンにアピール出来ず。チェルシーの5選手

プレミアリーグはいよいよ明日開幕を迎える。新監督マウリツィオ・サッリが就任し、注目が集まるチェルシーの開幕戦はハダースフィールド・タウンだ。夏の移籍市場ではティボ・クルトゥワを放出し、ケパ・アリサバラガと契約。ナポリからジョルジーニョを補強するなど選手の入れ替えも行われた。プレシーズンでは激しいポジション競争が繰り広げられたが、どうやら印象的な活躍を見せられていない選手もいるようだ。そこで今回は『sportskeeda』が特集した「プレシーズンにアピール出来なかったチェルシーの5選手」をご紹介したい。

ビクター・モーゼス

アントニオ・コンテ前監督のもとではフォーメーション(3-4-3)に適応し、2016/2017シーズンのリーグ優勝に大きく貢献するなど復活を遂げた。しかし、翌シーズンはほとんどチームに貢献することが出来なかった。

彼の試練は新監督マウリツィオ・サッリが就任して以降も続きそうだ。前監督が採用した3-4-3から4-3-3へシフトチェンジ。プレシーズン中にウイングバックから純粋なウインガーにポジションを変えたが、彼の能力を活かしきれているとは言えない。移籍期間中の国内移籍はなかったが、他リーグへの放出も全くあり得ない訳ではないだろう。

タミー・アブラハム

昨季スウォンジー・シティで貴重な経験を積みチェルシーに帰還したタミー・アブラハムは、新シーズンに向け大きな希望を抱いていただろう。ミシー・バチュアイとオリビエ・ジルーがロシアワールドカップの影響で合流が遅れたため、その間は絶好のアピール機会となるはずだった。

しかし、マウリツィオ・サッリ監督を満足することは出来なかった。プレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)のオリンピック・リヨン戦で先発するも無得点。チェルシーで定位置を掴むのは容易ではない。

マルコス・アロンソ

ビクター・モーゼスと同じく、マルコス・アロンソは前監督アントニオ・コンテのもとで輝きを放っていたプレイヤーだ。ボルトン・ワンダラーズ、サンダーランドといったクラブで苦渋を舐めた苦労人を2016年に前指揮官がチェルシーに導いた。すると、DF得点王を獲得し、プレミアリーグ、FAカップのタイトル獲得に貢献する活躍を見せている。

しかし、今季のプレシーズンでアロンソは良いプレーを見せられていない。昨季務めたウイングバックから4-3-3のシステムのサイドバックにポジションを変更。適応しきれていないのか、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)のインテル戦、マンチェスター・シティ戦で守備面に大きな不安を覗かせている。

ティエムエ・バカヨコ

昨夏に4000万ポンド(約59億円)の移籍金でモナコからチェルシーへ移籍。29試合の出場で、2得点を記録したが、移籍金に見合う活躍は見せられていない。非公式ではあるが、サポータから2017/2018シーズンの最悪の補強として選出されるなど、キャリアは下降線をたどっている。

マウリツィオ・サッリはバカヨコの復活を望んでいただろうが、プレシーズンでは簡単なパスミスやポジショニングミスでチームメイトを助けることは出来なかった。マテオ・コバチッチを獲得したことでますますチーム内の立場は危うくなった。ミランが獲得に興味を示しているとみられ、今夏放出の可能性も十分に残されている。

アルバロ・モラタ

アルバロ・モラタは昨夏にジエゴ・コスタの代役として、レアル・マドリードから当時のクラブ史上最高額となる移籍金6000万ポンド(約90億円)でチェルシーに加入。しかし、得点力の物足りなさは否めず、後半戦からオリビエ・ジルーが出場機会を増やしている。

マウリツィオ・サッリの就任によってストライカーの序列はリセットされ、モラタの立場は復活すると予想されていた。しかし、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)のアーセナル戦ではPKを外すなど失望のプレシーズンを過ごした。チェルシーへの忠誠心を示し、シーズンの早い段階で得点という結果を示さなければサポーターからの批判は増すばかりだろう。

Follow

Football Tribe Japan

on

©フットボール・トライブ株式会社