日中条約締結40年で狂言公演

野村さん父子が北京で

日中平和友好条約締結40周年を記念する狂言の公演を前に、舞台で解説する野村萬斎さん=10日、北京(代表撮影・共同)

 【北京共同】日中平和友好条約締結40周年を記念し、人間国宝の狂言師野村万作さんと長男萬斎さんらによる狂言の公演が10日、北京の劇場で開かれた。冒頭、萬斎さんが解説のため登壇すると、観客は大歓声を上げて歓迎。狂言師らによるコミカルな動作とせりふが何度も笑いを誘った。

 野村さんらは男2人が手を縛られたまま主人の留守中に酒を飲むため知恵を絞る「棒縛」、地蔵に祈って目が見えるようになった男と妻とのやりとりを描く「川上」、庭に生えた巨大キノコ退治に山伏が挑む「茸」を披露。

 日本大使館関係者によると、販売した約900席分のチケットは約30分で売り切れた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る