7月の米消費者物価0.2%上昇

4カ月連続プラス

 【ワシントン共同】米労働省が10日発表した7月の消費者物価指数(季節調整済み)は、前月比0.2%上昇した。4カ月連続のプラスで、6月よりも伸びが拡大した。前年同月比(季節調整前)では2.9%上がった。

 トランプ政権は中国からの輸入品の一部に追加関税を課しており、物価上昇の一因となっている可能性がある。連邦準備制度理事会(FRB)は9月に利上げを見込んでおり、物価や雇用の動向を見極めて最終的に判断する。

 前月比の品目別では、食品価格が0.1%上がった。エネルギー価格は0.5%下落した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China