打撃を入念に確認 日南学園ナイン

入念にアップをする日南学園の選手たち=兵庫県尼崎市のベイコム野球場

 初戦突破を果たし休養を取っていた日南学園ナインは10日、兵庫県尼崎市のベイコム野球場で本格的な練習を再開。約2時間、打撃中心のメニューで汗を流した。

 フリー打撃では2回戦で対戦する常葉大菊川(静岡)の投手陣を想定。打撃マシンを左投げのスライダーに設定し、低く強く打つことを心掛けた。初戦で無安打だった坂元海は、快音を響かせ「一球で仕留められるよう精度を高めたい」と振り込んでいた。

 1回戦で出番がなかった年見口源は「得意の右打ちをアピールし、先発として甲子園の舞台に立つ」と、鋭い当たりを連発していた。

 蓑尾海斗主将は「初戦は打撃陣の体の開きが早かった。しっかりと引きつけ打てるように修正していく」と、甲子園1勝に浮かれることなく、気を引き締めた。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

©株式会社宮崎日日新聞社