ガザで抗議デモ、2人死亡

イスラエル軍の銃撃受け

©一般社団法人共同通信社

10日、パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界で、負傷したデモ参加者を運ぶパレスチナ人(ゲッティ=共同)

 【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で10日、反イスラエル抗議デモがあり、ガザの保健当局によると、イスラエル軍の銃撃を受けた救急隊員を含むパレスチナ人2人が死亡、約240人が負傷した。

 イスラエル軍は一部のデモ参加者が爆発物を投げ込んだとして、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの関連施設を戦車で報復攻撃した。

 イスラエルとハマスの間では8~9日にかけて大規模な攻撃の応酬があり、ガザで妊婦(23)とその娘(1)を含む計3人が死亡、イスラエル側で10人以上が負傷したばかり。