イランが短距離弾道ミサイル実験

ホルムズ海峡近く、米をけん制か

 【ワシントン共同】複数の米メディアは10日、米政府当局者の話として、イランが前週にホルムズ海峡近くで短距離弾道ミサイルの発射実験を実施したと伝えた。米国の人工衛星で発射が確認されたという。対イラン制裁再発動で締め付けを強める米国をけん制する狙いとみられる。

 原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡周辺で行った海上演習に合わせて革命防衛隊が短距離弾道ミサイル「ファテフ110」を発射、160キロ以上飛行した。周辺に米軍の艦船はいなかった。

 トランプ米政権のイラン核合意離脱と制裁再発動に反発するイランは、ホルムズ海峡の封鎖もちらつかせており、米軍は警戒を強めている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む