ヴォルターズ企画展 13日に小林、古野選手トークショー

小林慎太郎選手(左)、古野拓巳選手(右)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズの企画展を開いている新聞博物館(熊本市中央区の熊日本社内)は、13日午後3時から、昨シーズンまで主将だった小林慎太郎、司令塔の古野拓巳の2選手を招いてトークショーとサイン会を開催する。入場無料。

 企画展「跳べ! ヴォルターズ」は、1部(B1)のチームとの入れ替え戦まで進んだ昨シーズンを中心に、2013年の創設以来の歩みを記事や写真の約100点で紹介している。9月19日までの午前10時~午後5時。11、12日を含め日・祝日は休館。TEL096(361)3071。

 また、ヴォルターズは12日午前11時から、熊本市中央区の花畑広場で新チームのお披露目会を開く。昨季のB2得点王で新加入のチェハーレス・タプスコットら全選手が集合。9月29日に開幕する新シーズンを前に新主将を発表する。

(2018年8月11日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第2弾は「日本一の奪三振男」野田浩司の原点を振り返ります。

ご購入はこちらから