県内観光地の音声ガイド再生回数 トップは上色見熊野座神社 アニメ、漫画の舞台で人気

アニメや漫画ファンの訪問も多い上色見熊野座神社=高森町

 今年3月に高森町など熊本県内4市町の観光地13カ所で始まった声優による音声ガイドは、6月末まで4カ月間の総再生回数が2万1052回に上った。最も多かったのは上色見熊野座神社(同町)の9021回で、全体の約4割を占めた。

 音声ガイドは、各所に設置したパネルなどについたQRコードをスマートフォンなどで読み込むと再生できる。高森町などでつくる「熊本メディアコンテンツコミッション協議会」が1年間の期間限定で始めた。

 上色見熊野座神社はアニメや漫画の舞台になったことで、多くの観光客が訪れるようになった。町政策推進課は「声優音声ガイドとの親和性の高さが再生率を押し上げたのでは」と分析している。

 高森町は、同神社を含む4カ所で実施し、再生回数は計1万6143回。内訳は、高森湧水トンネル公園4885回、草部吉見神社1134回、南阿蘇鉄道高森駅1103回。(田上一平)

(2018年8月11日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから