救命胴衣着用記録に挑戦 鹿児島市・磯海水浴場

 救命胴衣着用人数の記録に挑戦するイベントが11日、鹿児島市の磯海水浴場であった。後援する鹿児島海上保安部の職員が救命胴衣を準備。海水浴客にも協力を呼び掛け、合計51人が着用した。
 救命胴衣の機能や着心地を知ってもらおうと、マリンスポーツ財団などが2015年から始めた企画。日本やアメリカなど世界各地で、24時間のうちに何人着用したか集計する。世界記録は15年の1万917人。

ライフジャケットを着る窪田彩人ちゃん=鹿児島市の磯海水浴場

Follow

南日本新聞

on

©株式会社南日本新聞社

明治維新150年特集

明治維新150年や「西郷どん」の鹿児島関連の話題を中心に、観光案内・グルメ情報も掲載。4コマ「よかにせSAI-Go!」や幕末新聞などコンテンツ満載です!

特集ページはこちら