「武藤は期待通り」ニューカッスルのベニテス監督、彼の10分間に高評価

©株式会社コリー

『Shieldsgazette』は11日、「ニューカッスル・ユナイテッドのラファ・ベニテス監督は、新しい男がベンチから輝いたことでジレンマを抱える」と報じた。

11日にトッテナム・ホットスパーとの開幕戦を迎えたニューカッスル。前半で先制点を許すも、先発したホセルのヘディングで同点に追いつくことに成功した。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ところがその後再び勝ち越され、最終的には2-1で敗北。2018-19シーズンは黒星スタートとなってしまった。

ただ今夏獲得した新戦力のサロモン・ロンドンと武藤嘉紀が途中出場から好プレーを見せ、ファンからは高い評価を受けている。

彼らについてラファ・ベニテス監督は以下のように話し、4人のいいストライカーがいることは助けでしかないと喜んだという。

ラファ・ベニテス (なぜサロモン・ロンドンと武藤嘉紀を先発させなかった?)

「我々は、彼らを最初からプレーさせることは正しくないと見ることができた。

周りのチームメイトとの理解、そしておそらくフィットネスの問題。それは皆さんの期待ほどではなかった。

しかし、それは移籍マーケットの後半でやってきた選手たちなのだから、当然のことなのだ。

今日の場合、私は満足している。その努力、動き、そして他の多くのことにね。

しかし、まだ彼らは他のチームメイトとの相互理解がそれほどではないことも見られただろう」

(武藤は10分間で活発なプレーを見せ、ファンから注目されたね。4名の前線をどう使っていく?)

「武藤は我々が期待していた通りにトライしてくれたと思う。ハードにやろうとしていた。

今、彼はただ他のチームメイトとの相互理解を改善させる必要がある。そして我々がどうやりたいか、仲間がどんな反応を見せるのかを知っていく。

彼はまだ改善できるが、我々に野心とスピード、機動力を加えてくれる。それはストライカー陣にとって重要なものだと思う。

武藤、ロンドン、ホセル、そしてアジョセ・ペレス。我々は4名の違ったタイプのストライカーを持つ。それは、チームにとって良いことでしかない」