登別マリンパークでイルカのスプラッシュ、観客笑顔

©株式会社室蘭民報社

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は夏休み期間に合わせ、イルカによる水掛けイベント「わやぬれ祭り~イルカのスプラッシュ~」を開催している。お盆休みに入った11日はオープン開始時から家族連れやカップルらが大勢詰め掛け、イルカが織りなすビックジャンプでの水しぶきに大きな歓声を上げていた。

 ずぶぬれ必至の夏の人気イベント。「わやぬれ祭り」というだけあって、一番ぬれた人には「わやぬれ大賞」としてイルカと一緒に記念撮影できる特典もある。イルカのスプラッシュを楽しみにしていた人がこぞってプールに一番近い特別席を目指してまっしぐら。

 この日は2頭のバンドウイルカが順番に大ジャンプを披露。約300キロの大きな体から繰り出される水しぶきはバケツで水を掛けるほどの威力。それでも来場者は、大量の水しぶきを笑顔で受け止め“わやぬれ大賞は私”といわんばかりにスタッフにアピールしていた。

 営業課の山本智主任は「同イベントは今月19日まで行っています。ぜひ体験しに来てください」と大勢の来館を呼び掛けている。開催時間は午前11時55分から約10分間(お盆期間の16日までは午後2時半からも行う)。

 このほか、透明なビニール製のボールの中に入って水上を歩くウオーターボール体験や人気のペンギンパレード、リクガメふれあいタイム、ペンギンと一緒に記念撮影など、真夏のマリンパークは楽しさいっぱい。問い合わせは同ニクス、電話0143・83局3800番へ。 (長谷川正憲)

【写真=ジャンプして水しぶきを上げるイルカ】