熊本駅 旧駅舎解体で連絡通路など一時変更 20日から

 JR熊本駅(熊本市西区春日)では20日から、新駅舎から白川口(東口)駅前広場をつなぐ連絡通路やタクシーの降車場などが一時変更となる。旧駅舎の解体工事に伴うもの。仮通路は約100メートル長くなるため、県熊本駅周辺整備事務所は「移動時間には余裕を持ってほしい」と呼び掛けている。

 同駅では3月に在来線の高架化が完了し、4月から旧駅舎の解体工事が進行中。利用者の安全性を確保するため、現在の通路を南側に迂回[うかい]させる。タクシー降車場、一般車や障害者の乗降場もそれぞれ5~40メートル移動する。

 2021年春の駅ビル開業に合わせ、整備する駅前広場の工事も秋ごろ始まる予定。同事務所は今後も工事の進捗[しんちょく]に応じて、乗降場や通路の場所を変えるとしている。(酒森希)

(2018年8月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから