テニス、内山と穂積が優勝に意欲

練習を公開、ジャカルタ・ア大会

©一般社団法人共同通信社

アジア大会代表合宿で練習する内山靖崇=東京都内

 東京都内で合宿中のジャカルタ・アジア大会のテニス日本代表は12日、サーブやダブルスの連係確認など、練習の様子を報道陣に公開した。シングルスの優勝者は2020年6月8日付世界ランキングで300位以内であることなどを条件に、東京五輪の出場資格を獲得する。内山靖崇(北日本物産)は「東京五輪は一番大切な目標。貪欲に(金メダルを)狙っていきたい」と意気込んだ。

 全仏オープン女子ダブルスで準優勝した穂積絵莉(橋本総業)はアジア大会ではシングルスの頂点も見据える。「東京五輪のために出場する。優勝しか見えていない」と強い意欲をのぞかせた。