台風でなくなったあとも影響が

東シナ海の台風14号と、小笠原近海の台風15号。この二つの台風は、いずれも14日までに熱帯低気圧に変わる見込みとなっています。
台風から熱帯低気圧にランクダウンはするものの、それで安心というわけにはいきません。小笠原諸島や西日本の太平洋側では、15日にかけてうねりを伴った高波に注意が必要です。

それに加えて注意が必要なのは、この二つの台風が、熱帯低気圧に変わったあとも大量の水蒸気を日本列島に送り込むことです。週間予報を見てみると、現在のところ16日(木)にその影響が濃く表れています。大量の水蒸気によって活発化した前線が、日本列島に広く雨を降らせる予想です。
週の後半にかけては、全国的に大雨に注意が必要となりそうです。

気象予報士・原田 雅成

画像について:週間予報(8月13日~19日)

©株式会社ウェザーマップ

Curated by

釣りPLUS

釣りPLUS