副市長、現職後継で出馬へ

沖縄・宜野湾市長選

沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長(左)の後継として市長選に立候補する意向を固めた松川正則副市長=12日、宜野湾市

 沖縄県宜野湾市の松川正則副市長(64)は12日、県知事選への出馬を表明している佐喜真淳市長の後継として市長選に立候補する意向を固め、自民党の自治体議員らによる選考委員会の出馬要請を受諾したと明らかにした。

 松川氏は記者団に、同市にある米軍普天間飛行場に関し「危険性の除去は訴えていきたい」と強調。米軍から返還された西普天間住宅地区の跡地利用を推進する考えを示した。

 関係者によると、佐喜真氏は週内にも市長辞職に向けた手続きを始める。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む