徳島市の阿波踊り開幕 踊り連続々、早くも熱気

 2018徳島市の阿波踊り(阿波おどり実行委員会主催)が12日、開幕した。市内に設けられた演舞場には有名連が次々と踊り込み、ダイナミックな男踊りや優美な女踊りを披露すると、観覧席を埋めた観光客らから大きな拍手が送られた。

 午後5時半から市役所前演舞場で開幕式が行われ、実行委員長の遠藤彰良徳島市長が「今年も徳島市民をはじめ全国の踊る阿呆(あほう)、見る阿呆が待ちに待った阿波踊りの開幕を迎えることができました。4日間、大いに盛り上がることを期待します」とあいさつ。開幕宣言とテープカットの後、先頭を切って県阿波踊り協会所属の「殿様連」が登場し、軽快なぞめきのリズムに乗って躍動感あふれる踊りを披露した。

 踊りは15日までの4日間開かれ、県都を踊り一色に染める。

徳島市の阿波踊りが開幕し、先頭を切って踊り込んだ殿様連=12日午後5時50分、徳島市の市役所前演舞場

©一般社団法人徳島新聞社

徳島新聞

徳島新聞朝刊・夕刊のお申込みは

購読申込