コミケ:2019年夏冬は史上初の4日間開催へ 東京五輪の東展示棟工事のため

10~12日に東京ビッグサイトで開催された「コミックマーケット94」

 日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」の2019年夏(コミケ96)と19年冬(コミケ97)の開催時期が8月9~12日、12月28~31日のそれぞれ4日間になることが12日、明らかになった。40年以上続くコミケの歴史の中で4日間の開催は初めてという。

 2020年の東京五輪のため、東京ビッグサイト(東京都江東区)の増築改修工事が実施される関係で、19年はメインの東展示棟が使えなくなる。19年は、既存の西展示棟、建設中の南展示棟の2カ所を一般サークル、ビッグサイトから約1.5キロ離れた建設中の青海展示棟(りんかい線・東京テレポート駅近く)を企業ブースに割り当て、計3カ所を利用することになる。

 日程拡大の理由は、コミケで西と南、青海の3カ所を利用しても、1日あたりで利用できる面積が現状の75%に低下するためで、期間を1日延ばしてカバーする。コミックマーケット準備会の市川孝一共同代表は「現状の3日間開催だと、一般サークルの抽選率が落ちるため論外だと考えた。同人誌がより多く出れば良いと思っている」と話している。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説・ゲーム・音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。20年のゴールデンウイークに開かれる予定のコミケ98は後日、改めて日程を発表する。

©株式会社MANTAN