【甲子園】慶応が大敗 高知商業の猛打に屈す

  第100回全国高校野球選手権大会で、10年ぶりの出場となった北神奈川代表の慶応は12日、高知商(高知)と2回戦を行い、12-6で大敗した。

 慶応は1点を追う初回裏に死球を挟んで5連打を放ち、2点を奪い逆転。だが、二回に3失策とバッテリーミス2つが絡み、4長単打で一挙7点を失い、流れを手放した。

 四回途中からリリーフの左腕渡部が以降を無失点と好投したが、序盤の大量失点が響き、追い足も鈍った。

 森林貴彦監督は「序盤の流れを食い止めたかったが、高知商業の勢いにのみ込まれてしまった。後手に回ってしまった」と話した。

4回、10点目を失い唇をかむ慶応の生井

©株式会社神奈川新聞社