渡辺が200メートル平泳ぎで金

入江は銀、パンパシ水泳

男子200メートル背泳ぎ決勝 2位に入った入江陵介=東京辰巳国際水泳場

 水泳のパンパシフィック選手権第4日は12日、東京辰巳国際水泳場で行われ、競泳男子200メートル平泳ぎで世界記録保持者の渡辺一平が2分7秒75の大会新記録で金メダルを獲得した。小関也朱篤は2分8秒25の4位。

 男子200メートル背泳ぎは入江陵介が1分55秒12で2位に入り、100メートルに続いて今大会二つ目の銀メダルを獲得した。

 400メートルメドレーリレーの男子で日本(入江、小関、小堀、中村)が3分30秒25で2位に食い込んだ。女子は日本(酒井、青木玲、池江、青木智)が3分55秒03の日本新記録で3位となった。

男子200メートル平泳ぎ決勝 優勝しガッツポーズする渡辺一平=東京辰巳国際水泳場

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む