九州学院が7度目の頂点 高校総体・剣道男子団体

剣道男子団体で2年ぶり7度目の優勝を飾った九州学院のメンバー=三重県営サンアリーナ(池田祐介)

 全国高校総合体育大会(インターハイ)「2018彩る感動 東海総体」は12日、三重県営サンアリーナなどで行われ、剣道の男子団体で九州学院が2年ぶり7度目の頂点に立った。

 九州学院は決勝で、育英(兵庫)と対戦。重黒木祐介主将が延長にもつれた大将戦を制すなど、2-1で競り勝った。女子の阿蘇中央は準々決勝で敗れた。

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第2弾は「日本一の奪三振男」野田浩司の原点を振り返ります。

ご購入はこちらから