アーセナルがスタートダッシュを成功させるための重要な5つのマッチアップ

プレミアリーグ開幕節でもっとも注目を集めるゲームとなったアーセナル対マンチェスター・シティの一戦。昨シーズンの絶対王者とウナイ・エメリの下で上昇気流に乗りたい名門のビッグマッチだ。今回はホームのアーセナルが、今シーズンのスタートダッシュを決めるためにも重要になる5つのマッチアップをご紹介する。


アグエロvsパパスタソプーロス

セルヒオ・アグエロは依然としてシティにとって重要な選手であり、コミュニティシールドのチェルシー戦でも2ゴールを挙げて価値を証明した。ターンオーバーを好むジョゼップ・グアルディオラだが、ガブリエル・ジェズスを起用し、アグエロを起用しないことは考えにくい。そこで注目になるのが、アーセナルに加入したソクラティス・パパスタソプーロスとのマッチアップ。彼らに対戦経験はない。パパスタソプーロスが名ストライカーをいかに抑え込むことができるかは、アーセナルのスタートダッシュにとっても重要だ。


ラムジーvsシルバ

グアルディオラは100%と主張しているが、W杯の疲労が残っている可能性の高いケビン・デ・ブライネに代わり、チームの創造性を一身に担うのがダビド・シルバだ。マッチアップするのはラムジーになると予想。多くの新戦力の中でも、自身がファーストチョイスにふさわしいということを証明しなければいけない選手だ。シルバが制すのか、ラムジーが制すのかでフェルナンジーニョへの負担も大きく変わってくる。


オーバメヤンvsコンパニ

1月にアーセナルにやってきたピエール=エメリク・オーバメヤンは昨季13試合で10ゴールを挙げるなど、今季の得点王候補の1人だ。W杯にも出場していないので、コンディション面も問題ないだろう。対峙するバンサン・コンパニはオーバメヤンがスピードに乗る前に止めなければいけない。アレクサンドル・ラカゼットがいたとしてもオーバメヤンの出来も、アーセナルの今後に大きく影響するだろう。


サネvsベジェリン

シティの攻撃を抑え込む重要なポイントの1つに、いかにサイドのアタッカーを封じ込めるかという点がある。それは昨季のシティの両翼の選手のゴール数を見れば明らかだろう。左サイドで猛威を振るうのがレロイ・サネ。対峙するのはエクトル・ベジェリンだろう。これまでのシーズンはサネに軍配が上がっていた。ここでベジェリンが意地を見せなければ勝利は難しい。


レノvsエデルソン

これはマッチアップとは言えないが、両チームのキーパーの出来も戦いを大きく左右するだろう。大柄シュートストップとハイボールの対応に定評のある実力者ベルント・レノと平均以上のGK能力に広い守備範囲と足下の技術を兼ね備えるエデルソン・モラレス。調書の違う二人だが、世界最高峰には変わりない。局面を左右する場面で、いかに好プレーを見せられるか注目だ。


Follow

Football Tribe Japan

on

©フットボール・トライブ株式会社