『追想』に見る、性革命前の若き男女のセクシュアリティー

スカイブルーが印象的なドレス - (C) British Broadcasting Corporation / Number 9 Films (Chesil) Limited 2017

■チャック・ベリーとビートニク

 一方、ロックの元祖と呼ばれるチャック・ベリーを好むフローレンスの恋人エドワード(ビリー・ハウル)は、労働者階級出身で若者文化を暗示しているようにも。大学卒業試験に合格したばかりで歴史学者を目指すエドワードの服装は、この時代に若者から支持を受けていたビートニクの影響を受けています。

 ビートニクとはビート・ジェネレーションと呼ばれ、50年代後半から60年代半ば頃まで活躍したジャック・ケアルックウィリアム・バロウズといったアメリカ人作家に代表されます。彼らはチノパンにクルーネックのセーター、作業用のシャツ、着古した軍服にサンダルやスニーカーを合わせて、ファッションに“無関心を装っている”ように見せ、伝統的社会に対する反抗を表現しました(*2)。

環境の違いがわかる2人の対照的なファッション - (C) British Broadcasting Corporation / Number 9 Films (Chesil) Limited 2017

 エドワードは着古したジャケットを肩にかけて、太めのチノパンとスニーカー風の靴を合わせていますが、この太いチノとスニーカーはビートニクのファッションアイテム。フローレンスはエドワードがきちんとした靴を履かず、「靴はいつもズック(Plimsoles)」と冗談交じりに妹に言いますが、この“Plimsoles”というのはスニーカーとは違い、学校内で履く上履きのようなもの。スニーカーが高価で買えなかったからなのか、ファッションに無関心だったからなのかは分かりませんが、革の靴を履くという保守的なスタイルにエドワードは抗っていたようです。

■ザ・ビートルズの登場で爆発する若者文化

 エドワードの前髪を下ろした髪型や細めのネクタイも若者文化的スタイルです。これは60年代に一斉風靡した“モッズ”風。50年代後半から60年代半ばにかけて、アメリカの若者文化の影響でロンドンのカーナビー・ストリートには若者向けのブティックが続々と開店し、このエリアにたむろする若者はモッズと呼ばれました。下ろした前髪、ミリタリーコート(後にモッズコートと呼ばれるM-51)、細めのスーツとネクタイ、スクーターなどが典型的な特徴です。

モッズ風ファッションのエドワード - (C) British Broadcasting Corporation / Number 9 Films (Chesil) Limited 2017

 そして、本作の舞台と同じく1962年、モッズ・ルックでレコードデビューしたのがザ・ビートルズです。60年代を代表するロック・バンドのザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズは、アメリカから浸透しイギリスで進化したサブカルチャーを包括したポップカルチャー“スウィンギング・ロンドン(とんでるロンドン)”を世界中へ発信しました。その結果、60年代半ば頃からカウンターカルチャー(既存の社会に対抗する文化)である若者文化が爆発的に広がったのです。

■劇的変化を及ぼした“性革命”

 60年代に起きたカウンターカルチャーはほかにもあります。それは、“性革命”。人々の“性”に対する意識が劇的に変わり、婚前交渉、10代の妊娠や婚外子が増加したと言われています。60年代の性革命は、人権運動、フェミニズム、避妊ピルやペニシリンの発見と結びついて起こったのだとか。梅毒を治療できる抗生物質のペニシリンが人々の性生活をより自由にしたという説もあります(*3)。

 劇中では、新婚旅行に旅立つ前、フローレンスがセックスを本から学ぶシーンがあります。性の革命が起こる前は、女性の婚前交渉やマスターベーションもタブー。イギリスでは1967年まで同性愛が違法でした(*4)。夫とセックスをし子供を作ること以外に、女性のセクシュアリティーは社会的に認められていなかったのです。

幸せいっぱいの2人に起きる不幸とは…… - (C) British Broadcasting Corporation / Number 9 Films (Chesil) Limited 2017

 案の定、セックスをしたことのなかった2人の初夜は上手く行きません。しかも、フローレンスには、セックスを恐れるある秘密がありました……。ですが、フローレンスがエドワードにこの秘密を打ち明けることはなく、彼らの結婚生活はたった1日で終わってしまうのです。

■カウンターカルチャーの衰退

 60年代半ばにピークを迎えたモッズ・ブームは、モッズたちが大人になり、消えていきました。そして、ベトナム戦争反対を発端にヒッピー・ムーブメントが60年代中盤頃から台頭しました。そして、70年代半ばにはベトナム戦争が終結に向かい、経済危機が影を落としたことなどにより、ヒッピー・スタイルも衰えていきました。1975年、髪を伸ばしレコード店を経営するエドワードは、いまだにカウンターカルチャーに生きているように見えます。反面、フローレンスは大人の世界で自分の居場所を見つけたようにも……。

 保守文化の中で生き続けるフローレンスと、伝統的な社会になじめなかったエドワード。愛し合っていてもすれ違ってしまった2人の物語を通して、本作は60年代に起きた保守文化と若者文化の衝突を描いているのではないでしょうか。

(C) British Broadcasting Corporation / Number 9 Films (Chesil) Limited 2017

【参考】
*1…劇場用プログラム『追想』
*2…P-Vine Books『メンズウェア100年史』キャリー・ブラックマン著 桜井真砂美訳
*3…The Wages of Sin: How the Discovery of Penicillin Reshaped Modern Sexuality
*4…Coming out of the dark ages - The Guardian

©株式会社シネマトゥデイ