武藤獲得も…シアラー、ニューカッスルの「補強不足」に物申す!

©株式会社コリー

ついに開幕したプレミアリーグ。武藤嘉紀らを補強したニューカッスルはトッテナムとの開幕戦に2-1で敗れてしまった。

動画を見たい場合はここをタップ!

ニューカッスルのレジェンドで、現在は『BBC』の解説者を務めているアラン・シアラー氏が、古巣についてこう述べた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

アラン・シアラー

「私は(ハッピー)ではない。ニューカッスルファンたちと全く同じようにね」

アラン・シアラー

「なぜなら、ラファ(・ベニテス監督)にクラブを前進させるための武器が与えられなかったからだ。

まただよ。ニューカッスルはこの夏の移籍市場で、2300万ポンド(32.5億円)ほどの利益を得た。

昨季10位だったことで、1.23億ポンド(174億円)を得ていたのにね。

ベニテスはシーズン末まではクラブに残ると思う。だが、彼が吟味するだろうことは間違いない。

彼はインポッシブルな仕事だと思っているに違いないからね」

昨季プレミアリーグに再昇格したニューカッスル。10位でフィニッシュしたことで、リーグから1.23億ポンドの賞金を得ていた。

だが、この夏の移籍市場で投下した補強費は、2300万ポンド。逆に選手売却で4560万ポンド(64.5億円)を得ており、2260万ポンド(31.9億円)のプラスとなった。

シアラーはクラブの投資不足を嘆いていたというわけ。そして、ベニテス監督はシーズン後に自らが置かれている厳しい状況を吟味するだろうとも。

ニューカッスルは第2節でカーディフと対戦する。