温泉で火災90人避難、耶馬渓

宿泊棟4棟が焼ける

 12日午後10時ごろ、大分県中津市本耶馬渓町の温泉施設「西谷温泉」で「火が出ている」と管理会社から119番があった。県警中津署によると、宿泊棟4棟が焼けた。施設内にある別のログハウスに宿泊していた客も含め計約90人が避難し、けが人はいなかった。同署が出火原因を調べている。

 中津署などによると、焼けたのはかやぶき屋根の古民家風建物で、施設内には他にログハウス8棟やバーベキュー施設、研修施設がある。現場は市中心部から南約20キロの山間部で、観光名所として知られる渓谷「耶馬渓」の一角。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る