【香港】鴻池運輸、フォワーディング会社を子会社化[運輸]

鴻池運輸は10日、香港の国際航空貨物フォワーディング事業会社のBELインターナショナル・ロジスティクスを完全子会社化すると発表した。現地の非日系企業や外資系企業に対しても自社のロジスティクス事業を融合させた国際一貫物流サービスを積極的に提案し、取引の拡大を図る方針だ。

鴻池運輸は2015年、BELの株式30%を取得し、提携による事業拡大を進めてきた。具体的にはBELが得意とする香港・中国発の航空輸送サービスや欧米ネットワークを活用し、電子・自動車部品、家電などの輸送取り扱いを拡大。BELは近年、欧州に加え、中東やインド、北米を重点戦略の4地域とし、航空需要の高い貨物の取り込みを強化しているという。

鴻池運輸は今後について、人工知能(AI)家電や越境電子商取引(EC)貨物の輸出増のほか、中国政府が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」による欧州やアジアとの貿易拡大など香港・中国発の航空貨物需要は堅調に推移するとの見方を表明。BELを非日系企業向け営業の中核会社と位置付ける。

BELは1978年に香港で創業。香港、中国本土、ベトナムに計13拠点を保有している。

Follow

NNAアジア経済ニュース

on

©株式会社エヌ・エヌ・エー

NNA POWER ASIA PLUS

現地企業・市場の動向は?日系企業の進出は? ――日々のビジネスに欠かせない現地発の経済ビジネス情報を、国・地域や業種に絞って情報収集をしたい方にお勧めです。

無料トライアルはこちら