サッカー、酒井高は後半途中退く

ドイツ2部、チーム初勝利

ザントハウゼン戦の後半、競り合うハンブルガーSVの酒井高(左)=ザントハウゼン(共同)

 サッカーのドイツ2部リーグで、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは12日、敵地でザントハウゼンを3―0で下して今季初勝利を挙げた。先発した酒井高は3点リードの後半28分までプレー。伊藤は同28分から出場した。(ベルリン共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る