「もしも」に備え エンディングノートを配布 渋川市が1000部

 群馬県渋川市は、もしもの時に備えて自分の情報や希望を整理して書き留めておく「エンディングノート」=写真=を初めて作成した。希望者に市高齢福祉課で配布している。地域包括支援センター職員を通じて高齢者宅などに配布するほか、終活に取り組む市民団体と連携した活用講座を検討する。

 ノートはA4判18ページで1000部作成した。記入者の基本情報や健康状態、病気治療や介護に関する希望、判断能力が低下した時の対応、葬儀や財産、家族へのメッセージなどを書き込める。

©株式会社上毛新聞社