ソフトB栗原、肩手術乗り越え今季初出場 代打で三振、失点も「次からはもっと」

◆ソフトバンク11-5日本ハム(12日・ヤフオクドーム)

4年目の栗原が今季初出場した。

7回2死、甲斐の代打で登場して空振り三振。そのままマスクをかぶって寺原、中田をリードしたが、9回に2点を失った。昨年10月8日の楽天戦以来の出場に「悔しかったけど楽しかった。次からはもっと楽に臨める。プロ初安打を早く打ちたい」。

春季キャンプで左肩を脱臼。3月に手術を受け、10日に出場選手登録をされた。「(けがした時は)つらかったけど、ここから取り返していきたい」と前を向いた。

=2018/08/13付 西日本スポーツ=

Follow

西日本スポーツ

on

©株式会社西日本新聞社