油断ならない天気

午前6時現在、華中に台風14号、小笠原近海に台風15号がありますが、ともにあすまでには熱帯低気圧に変わる見込みです。ただ、これらは日本列島に湿った空気を供給します。加えて、湿った空気は太平洋高気圧の縁を回っても流れ込んできます。ここ数日は、東日本から南西諸島にかけて、大雨になるポテンシャルが高く、いつどこで雷雨になってもおかしくない状況です。晴れていても、油断はできません。また、北日本には前線が近づいてきています。週の中頃には上空に寒気も流れ込む見込みで、こちらも大雨への備えが必要です。
10日金曜日から、3日連続で「記録的短時間大雨情報」が発表されています。もはや、記録って何だろうと疑念を抱きつつありますが、それだけ、大気の状態が不安定ということです。空模様の変化にご注意ください。

気象予報士・山崎 貴裕

画像について:13日午前3時の天気図と衛星画像。

©株式会社ウェザーマップ