次期ジャニーズインテリ枠の筆頭に? Sexy Zone・マリウス葉の「上智大ライフ」を学生が暴露

 今年4月、上智大学の国際教養学部に入学したSexy Zone・マリウス葉。ジャニーズ事務所所属タレントでは、昨年夏にHey!Say!JUMP・岡本圭人が、2度の留年から同大学を退学していたことも判明しているが、マリウスは日頃から校舎で目撃されており、順調に学生生活を送っているようだ。

 ドイツ人の父、中国と日本のハーフの母を持つマリウスは、日本語、ドイツ語、英語のトライリンガル。昨年、米ハーバード大学で行われた学生サミットにも参加するなど、ジャニーズきっての知性派だ。

「入学式前から『マリウスが上智に入るらしい』と、学内のジャニオタの間ではちょっとした騒ぎになっていました。来年以降、同じ授業を狙えないかと、マリウスが出席する曜日をチェックする子もいるなど、ジャニオタの学生にとっては楽しみが増えたのでは」(上智の女子学生)

 特に変装もせず、学校に「自然と溶け込んでいる」(同)というマリウス。クラスや食堂でも、周囲と変わらずに学生生活を過ごしているようだ。

「校舎内で彼に気付いても、騒いだり話しかけたりしないよう、みんな意識はしていますが、たまにジャニオタだろう女の子が『握手してください!』と突進していくことも。それでも、マリウスは嫌な顔ひとつせずに、にこにこしながら握手をするという“神対応”で、その時は、隠れジャニオタの女子学生が一斉に駆け寄って、即席の握手会になっています(笑)」(同)

 また、7月にはこんなシーンが目撃されていたという。

「西日本豪雨以降、学校内で募金活動を行う団体が増えているのですが、ある日マリウスが通学してきた時、ササッと募金箱にお札を入れていたんです。お札を入れる学生はあまりいないので、対応していた男子学生はいたく感動していたようです」(別の女子学生)

 Sexy Zoneは8月25~26日放送の『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、メインパーソナリティーを務めるだけに、マリウスも支援活動への意識を高めていたのかもしれない。

「テレビ露出の多い中島健人を除き、Sexy Zoneの一般認知度はまだまだといったところだけに、メインパーソナリティー就任に関しては『誰だかわからない』『ジャニーズのゴリ推し』などと否定的な声も少なくありませんでした。しかし、藤島ジュリー景子副社長は、目下Sexy Zoneの売り出しに精を出している様子ですし、マリウスの学歴とグローバルな感性を持ってすれば、次期“ジャニーズインテリ枠”を担う存在に成長するかもしれません」(芸能記者)

 慶應義塾大学を卒業した嵐・櫻井翔を筆頭に、明治大学卒のNEWS・小山慶一郎、 早稲田大学卒のKAT‐TUN・中丸雄一、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧など、有名大学出身の“インテリ”ジャニーズが、報道番組や情報番組に起用されることは珍しくなくなっているが……。

「櫻井はすでに、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターとして確固たる地位を築いているものの、小山と伊野尾は女性スキャンダルが頻発し、昨今彼らのイメージはパッとしていません。岡本も、結局、上智を退学してしまいましたし。そんな中、Sexy Zoneは、マリウスのほかにも、明治学院大学卒の中島、慶應義塾大学卒の菊池風磨がいるだけに、ジャニーズインテリ枠の新たな活路を開いてくれるといいのですが」

 マリウスは、“先輩”岡本の二の舞いを演じることなく、仕事と学業の両立に励み、無事大学を卒業してほしいものだ。

©株式会社サイゾー