地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に草太役と向き合う上村に、役へのアプローチ法や、撮影時のエピソード、目指す役者像などを聞いた。

-朝ドラ初出演ですが、オーディションに合格して、草太役に決まったときの感想は?

 まさか弟役になるとは信じられませんでした。家族も「いやいやいや、ヒロインの弟はない。間違い!」と言って信じてくれませんでした。

-実際にご自分の姿をテレビで見たときはどう思いましたか。

 信じられない! 本当に出ちゃってる…みたいな不思議な気持ちです。朝ドラで自分の顔を見るとは思っていなかったので、家族も「ふふふ…」って奇妙な感じでした。

-草太は幼い頃から周りの空気を読み、冷静な判断と細やかな気配りのできる男性ですが、ご自身との共通点はありますか。

 自分のことも相手のことも気にしたり、先のことを考え過ぎたり、心配したりするところは似ているけれど、草太ほどではないです(笑)。草太は家族をつないでいるけど、リアルの自分には人と人をつなぐ“つなぎ”の要素がないので、演じながら勉強させていただいています。

-高校時代から40代という長いスパンを演じる上で、どういうところを意識していますか。

 自分(21歳)より上の年齢は未知の領域なので最初は戸惑いました。メークで多少変えていただけるけど、見た目が変わっても中身が伴っていないと違和感があるので、自分なりに考えて、30代はどっしり構えているイメージがあるので、重心をぐっと下げるよう意識して演じています。でも、そういった必要な設定が外れたまま演じてしまうこともあって、いまだに試行錯誤しています。

-草太が大学生になったときに急に雰囲気が変わって、驚いた視聴者も多かったようですが、ご自身ではいかがでしたか。

 びっくりしました(笑)。でも、リアルってこうなんですよね。家族の中で「賢い」、「空気が読める」と評価されていても、外に出たら社会の荒波にもまれるという。チャラくなったのは、名古屋に出て、家族に気を使う必要がなくなり、開放的になったからだと思います。ただ、結婚を考えていたバーのママに関しては、単に遊んだという結果ではなく、多分、先輩に連れて行ってもらったバーで出会ったママがとてもいい人で、自分が何か悩みを抱えているときに、その隙間を埋めてくれる人だったんじゃないかなと思います。

-自分なりにキャラクター設定を考えられたんですね。

 演じるキャラクターに何も芯を置いていないとフワフワとしてしまって、何をやるべきかも定まらず、せりふを追うだけの芝居になってしまうので…。

-では、つくし食堂の3代目店長は想定内でしたか。

 それは分かりませんでした。鈴愛(永野芽郁)が上京する前の、家族ですき焼きを食べるシーンで、草太がメレンゲを作っていたじゃないですか。その撮影のときに、スタッフから「草太はいずれ卵関係にいくから」と言われて、何!?って感じでした。その場では具体的に教えてもらえなかったから、パティシエとかを想像していたらカツ丼作りでした。人生いろいろあるな…と思いました(笑)。

-草太考案のカツ丼がヒットしますが、料理の練習もされましたか。

 カツを揚げるところから教えていただきました。普通のカツ丼と違って、凝ったように見えるけど、意外に簡単に作れました。メレンゲさえうまく泡立てることができれば大丈夫です。僕は箸の持ち方があまりきれいではないので、むしろ、そっちの方を意識しましたし、そこが意外に緊張しました。

-食堂は繁盛し、楡野家も鈴愛が離婚して戻ってきたので、またにぎやかになりましたね。

 家族が以前の倍ぐらいに増えていますよね。懐かしさもあり、鈴愛がまた何かするかも…とワクワクする一方、もう何もしてくれるなよ…という気持ちがあります(笑)。

-小関裕太さん演じる見習い料理人・健人という、家族以外のキャラクターも仲間入りしましたね。

 健人はアメリカ生まれの帰国子女で、人と壁を作らない設定で、小関さんもそんな感じです。僕は緊張しいだから楡野家になじむのに時間がかかったけど、小関さんは「あれ、半年ぐらいやっています?」っていうぐらい、1日目からすぐになじんでいたから、少し悔しいけど、とにかく一瞬で家族が増えたので、後半戦の撮影は本当ににぎやかで楽しいです。

-ちなみに、永野さんとはモデル時代にファッション雑誌『ニコ☆プチ』『nicola』でご一緒されていたようですが、改めてどのような印象を持たれましたか。

 芽郁ちゃんが中学生で僕が高校生のときに一緒に仕事をしていたので、こんなにすごい子を中学生から知っているんだぞ!って鼻が高いです。現場でスタートがかかると芽郁ちゃんがいなくなって、鈴愛以外の何者でもなくなるので、本当にすごいな…とびっくりしています。

-朝ドラ出演は弾みになると思いますが、今後はどのような役者を目指したいですか。

 どんな役でも自信を持って演じられる役者になって、朝ドラに帰ってきたいです。でも、今回は20代で出られたので、次は30代で、10年に1回ぐらい出たいかな(笑)。至らない部分が多く、先輩方とこんなに差があるのか…と実感したので、いろんな経験を積んで自信と力をつけてからカムバックしたいです。

(取材・文/錦怜那)

©株式会社共同通信社