なぜマンUは”プレミアNo.2、3のDF”を獲得しなかったんだ ファーディナンド氏もガックリ「連れてきてほしかった」

©株式会社FACTORIES

マンUの獲得候補に挙がっていたアルデルヴァイレルト photo/Getty Images

エリック・バイリーの相棒は絶対に必要と言われていたが、マンチェスター・ユナイテッドに最後まで噂された選手たちはやってこなかった。

英『BT Sport』によると、クラブOBのリオ・ファーディナンド氏にはどうしても獲得してほしかった選手がいたという。今夏はレスター・シティのハリー・マグワイア、バイエルンのジェローム・ボアテング、レアル・マドリードのラファエル・ヴァランなどの名前が挙がってきたが、同氏が求めていたのはトッテナムのトビー・アルデルヴァイレルトだ。

「スパーズからアルデルヴァイレルトを連れてきてほしかったね。通常時の彼はイングランドでもトップ2、3には入るセンターバックだ。ファンタスティックな選手だと思うし、ロシアW杯でもそれを証明したよね。彼を獲得するのは決まったかと思っていたよ」

ファーディナンド氏がアルデルヴァイレルトを期待していたのは、現実的なターゲットだったからだ。ヴァランのことも「現在地球で最高のセンターバック」と絶賛しているが、巨額な資金が必要となって現実的ではないと考えていたようだ。また、マグワイアももう1シーズンはレスターでプレイした方が成長に繋がるとの考えを明かしている。

アルデルヴァイレルトは昨季トッテナムで出番が限られていただけに、理想的なターゲットだったか。今夏の補強にはファーディナンド氏も少しばかり落胆しているようだ。