大谷、14日に投球練習

捕手座らせるのは故障後初

試合前にキャッチボールするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が13日(日本時間14日)に敵地サンディエゴでのパドレス戦の際、右肘の故障後初めて捕手を座らせて投球練習を行うことになった。ソーシア監督が12日のアスレチックス戦の前に公表した。

 大谷は11日にブルペンでの投球を再開し、捕手を立たせたまま直球にカーブ、スライダーを交えて23球を投げている。12日は約20メートルの距離でキャッチボールを行った。監督は「全力ではないが、前回よりも力を入れると思うし、彼にとってはいいテストになる」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る