東大生、釧路の中学生とアイスホッケー対戦 お礼は受験で「滑らないコツ」

 釧路市内で合宿中の東大アイスホッケー部は8日、練習試合で対戦した市立景雲中アイスホッケー部の26人を対象に、夏休みの宿題を見たり、受験勉強の相談に乗ったりする勉強会を、合宿所の坂の上会館(浦見1)で初めて開いた。

 東大は長年釧路で夏季合宿を実施。一時期は他地域に移ったが、2年前から釧路合宿を復活させた。今年は5~14日の日程で1~4年生46人が滞在している。

 入学後に競技を始める部員が多い東大にとって、釧路の中高生は「胸を借りるような練習相手」。リンクから一転、勉強会ではお礼の意味を込めて受験で「滑らないコツ」を丁寧に指導した。

 理科を教わった景雲中3年の阿部颯(はやて)主将は「説明が分かりやすかった。高校、大学で競技を続けたいので受験勉強も頑張らないと」。東大4年の清水洋平主将は「後輩たちにもこういう関係を続けてほしい」と話していた。(小野聡子)

Follow

どうしん電子版(北海道新聞)

on

©株式会社北海道新聞社

ロコ・ソラーレ 銅メダルへの軌跡

カーリングの聖地・北見市常呂町から世界に羽ばたいたロコ・ソラーレ(LS北見)。平昌冬季オリンピックで、日本のカーリング史上初めての銅メダルを獲得するまでの軌跡。

詳細はこちら