札幌の時崎さんバリスタ日本一 イタリアの世界大会へ

 札幌市中央区で飲食店を経営するバリスタ(エスプレッソコーヒーを抽出する職人)の時崎仙浩(ときざきのりひろ)さん(38)が、6月の「エスプレッソイタリアーノチャンピオン2018日本大会」で優勝した。道内勢の優勝は初めて。時崎さんは「札幌でおいしいエスプレッソが飲めることが証明できた」と笑顔をのぞかせる。

 時崎さんはイタリアンバー「バール エ ターヴォラ カルダ ラ・ジョストラ」(中央区南3西7)など3店を経営。大会は国際カフェテイスティング協会日本支部が6月15日に東京で開催した。

 エスプレッソはイタリア発祥のコーヒーで、細かくひいた豆を、専用器具で圧力をかけ20~30秒で抽出する。豆の豊かな風味と深いコクを味わえるのが特徴。

 3回目の開催となる今大会には書類審査を通過した全国のバリスタ12人が出場。12分の制限時間内にエスプレッソとカプチーノをそれぞれ4杯つくり、量、温度、味わいなど約30項目の総合点を競った。

Follow

どうしん電子版(北海道新聞)

on

©株式会社北海道新聞社

ロコ・ソラーレ 銅メダルへの軌跡

 北見市常呂町から世界に羽ばたいたロコ・ソラーレ(LS北見)。平昌冬季五輪で、日本のカーリング競技史上初めての銅メダルを獲得するまでの軌跡を集大成しました

詳細はこちら