【台風15号・13日午前6時】父島約320キロを北西へ 沖縄には接近しない見通し

©株式会社琉球新報社

 気象庁によると、台風15号は13日午前6時、父島の南約320キロの海上を1時間におよそ20キロの速さで北西に進んでいる。

 15日午前3時まにでは熱帯低気圧に変わる見込み。現時点の進路で進めば鹿児島地方の南を通過し、沖縄地方には接近しない見通し。

 沖縄本島で地域によっては強い風が吹いているが、沖縄気象台によると、台風14号と高気圧の間で気圧の傾きができていることによる影響だという。

 台風が立て続けに発生していることについて、沖縄気象台は「海水温が高めで湿った空気が発生しやすくなっていることが台風が続けて発生している要因になっている」としている。

 台風15号は13日午前6時現在、中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。

 12時間後の13日午後6時には父島の西約440キロの地点を1時間におよそ25キロの速さで北西に進む見込み。14日午後3時には熱帯低気圧に変わる見通し。【琉球新報電子版】