高2自殺で第三者委設置、岡山

県教委、遺族要望で

 2012年に岡山県立岡山操山高(岡山市)の野球部マネジャーだった2年生の男子生徒=当時(16)=が自殺した問題で、県教育委員会は13日、第三者調査委員会を設置すると発表した。遺族が昨年5月から設けるよう求めていた。

 県教委によると、委員は西山久子福岡教育大教授ら有識者5人で構成。自殺原因の究明や学校側の対応の検証、再発防止に関する提言をまとめる。初会合は今月16日に開く。

 男子生徒は11年に野球部に入部したが、12年に退部。マネジャーとして復帰後の同年7月に岡山市内で自殺した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る