東京五輪の暑さ対策で実証実験

歩道に散水、路面温度を測定

暑さ対策の実証実験で実施された、散水した歩道に日傘を差した場合の路面温度の測定=13日午前、東京都千代田区

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた暑さ対策の一つとして、東京都は13日、歩道に散水して路面温度を測る実証実験を都内で実施し、報道陣に公開した。今夏の猛暑を受けた対応で、今後結果を分析し、暑さ対策として有効かを確認するという。

 実験では、歩道の端に消雪や農作業で使用する穴の開いたチューブを敷き、(1)午前4時から散水(2)午前7時から散水(3)何もしない―の3パターンの路面温度と気温を30分おきに測定した。それぞれで日傘を差した場合の効果も調べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る