暴露本の米高官、会話録音

ホワイトハウス司令室で

オマロサ・マニゴールト、2016年8月16日撮影(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権の大統領補佐官を1月に辞任し、近く暴露本を出版するオマロサ・マニゴールト氏が12日、NBCテレビの番組で、ホワイトハウスの司令室内での会話を録音していたとして一部を再生した。サンダース大統領報道官は「国の安全を軽視するもので、元職員として不誠実だ」と批判した。

 マニゴールト氏は、ケリー大統領首席補佐官との会話だとする音声を再生。ケリー氏とされる人物が、穏便にホワイトハウスを去るようマニゴールト氏に促す文言で、大統領や閣僚が重要な協議に使うシチュエーション・ルーム(作戦司令室)での会話を秘密裏に録音している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む