平壌での南北首脳会談に前向き

北朝鮮、閣僚級会談で

13日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた南北閣僚級会談で、握手する韓国の趙明均統一相(右)と、北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員会委員長(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は13日、閣僚級会談を軍事境界線のある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開いた。北朝鮮側の首席代表の李善権・祖国平和統一委員会委員長は会談冒頭、平壌での南北首脳会談を議論することで「民族が望む問題の答えが得られるだろう」と述べ、首脳会談開催に前向きな考えを示した。韓国取材団が伝えた。

 文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は4月の首脳会談時に署名した「板門店宣言」で、文氏が今秋平壌を訪問することで合意している。13日の閣僚級会談は、首脳会談の日程を調整するほか、同宣言の履行状況も議論する見通し。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む