夏油味わうカフェ 北上で古民家改修、プレ営業

©株式会社岩手日報社

古民家を改修したカフェ「小昼」のプレ営業を始めた(左から)中村吉秋さん、邦子さん

 北上市地域おこし協力隊の中村吉秋さん(44)=仙台市出身=と邦子さん(43)=秋田県由利本荘市出身=夫妻は11日から、同市和賀町岩崎の古民家を改修した「夏油古民家Cafe小昼(こびる)」のプレ営業を始めた。着任から約2年半かけ、日本家屋の味わいを残した空間に再生。夏油高原エリアの情報発信地として、11月23日の本オープンを目指す。

 築70年以上の木造平屋の古民家を、地元青年団体や大工の協力を得て、座敷やテーブル25席を備えたカフェスペース(約60平方メートル)に改修。畳をはがして板に張り替え、車いすのまま入れるスロープも設けた。V字形が連なるヘリンボーン模様のカウンターは、古民家の古材を立体的に組んだ吉秋さんの力作だ。

 プレ期間の営業は、土日、祝日の午前9時~午後4時。イベント出店のため休業する場合がある。

 問い合わせは小昼(080・5555・9826)へ。