北京五輪“口パク少女”にチャン・イーモウ監督が後悔、「少女の10年を奪った」ネット上では批判噴出―中国

2018年8月12日、北京五輪の開幕式に登場した「口パク少女」への後悔を語ったチャン・イーモウ(張芸謀)監督だが、「そのせいで1人の少女が10年間も虐げられた」とネットユーザーからは批判の声が上がっている。新浪が伝えた。

2008年8月に行われた北京五輪の開幕式では、中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督が総合プロデュースを担当。現在は女優としても活動するリン・ミャオコー(林妙可)が愛国ソングを披露する場面で、実はその歌声が別の少女のものだったことが後になって分かり、「口パク少女」と世界中で話題になった。

北京五輪から丸10年を迎え、このほどチャン・イーモウ監督がこの一件についてコメント。当時スタッフから提案された歌声の“差し替え”を受け入れたことについて、「自分の決断を押し通さなかったことで、多くの人に余計な負担を掛けた」と後悔の思いを語った。

五輪前からCMなどに出演していたリン・ミャオコーだが、その後は子役女優として活動するも、「口パク少女」の印象はついて回り、常にバッシングの対象となってきた。昨年、本格的な女優への第一歩として、国内の有名な映画大学を受験するも、名門校に落ちたことで、ネット上では「天罰」などと叫ぶ声もあった。

リン・ミャオコー側からはこれまで、北京五輪の問題の演出について一切の発言はないものの、この10年間ずっとサイバー攻撃を浴び続けてきたのはよく知られている。それだけにチャン・イーモウ監督のコメントに対しネット上では、「そのせいで1人の少女が10年間も虐げられた」「大人が寄ってたかって子どもの人生を壊した深刻な問題だ」「自分の後悔より、相手への謝罪を優先すべき」など、批判の声が多く上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)

Follow

レコードチャイナ

on

©株式会社 Record China

The World Video

世界中の厳選した動画に日本語説明を付けてみなさまにお届けします。

サイトを見る