中ロ貿易には信用を基準とした新型の運用メカニズムの構築が必要

 【新華社ハルビン8月13日】「中国とロシアの経済貿易が日増しに高まるにつれ、信用取引の規模も次第に拡大、中ロの貿易分野では信用を基準とした新たな運用メカニズムが必要とされている」。中国経済信息社の黒竜江分社の孫琦峰副総経理は8日、第二回中国-ロシア信用協力発展フォーラムの席上、このように語った。

 同フォーラムは、第六回中国国際通関地貿易博覧会の枠組みにおける重要なイベントであり、中ロ両国の国境地域における投資や協力環境を最適化し、経済貿易の繁栄や発展を促進、交流するためのプラットフォームを構築することを目指す。

 同副総経理の紹介では、「新華信用」は中国経済信息社が構築を請け負った専門的な信用情報に関するプラットフォームで、ここ数年、信用プラットフォームや信用シンクタンクサービスなどの分野で強みを積極的に発揮、黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で中国-ロシア越境信用協力システムの構築を支援、双方の経済貿易発展促進のため貢献してきた。

 綏芬河市は、ロシアや北東アジアへ開放された黒竜江省や全国の重要な窓口と架け橋であり、中国の東北地域の振興とロシアの極東開発という二大戦略を結びつける上で重要な働きをしている。ここ数年、綏芬河市は、中ロの国境通関地という地理的な特色を生かし、ビジネス環境を最適化するため、信用システムの構築業務を重要事業かつ強力な足がかりであり、中ロの地方における経済貿易協力を深化させる上での重要な保障となっている。

 中国国際商会(CCOIC)が主催する第六回中国国際通関地貿易博覧会は8月8日から11日まで黒竜江省綏芬河市で開催。今回の博覧会は「通関地協力の強化、貿易発展の促進」をテーマに、主なイベントとして、第二回中国-ロシア信用協力発展フォーラム、第二回中国-ロシア持続可能な林業産業の発展(マッチング)フォーラム、第三回ロシア食品・水産物調達商談会などが開かれた。

Follow

新華社通信

on

©新華社