稲敷市役所訪れ記念写真撮ろう 庁舎1階にボード

設置したウエルカムボードと結婚記念証をPRする職員=稲敷市役所

稲敷市は、婚姻届を出した人や市役所を訪れた人向けに、背景に置いて記念写真を撮れるウエルカムボードを市役所1階カフェコーナーに設置した。

ボードは高さ、幅ともに約2メートル四方で、黒を基調とした。英語で「稲敷市へようこそ」や、稲敷の名産や名物のゴルフ、サイクリング、野鳥観察、カボチャ、公式マスコット「いなのすけ」といった絵と文字を組み合わせた。市役所を訪れた人は誰でもボードの前のいすに座って撮影できる。

婚姻届を出した夫妻は、ボードのほか、日付を表示できる飾りも設置して撮影できる。ここで撮影した写真をその場で現像して差し込める結婚記念証も贈られる。

市シティプロモーション推進室は「撮影の際には近くの職員がお手伝いするので、気軽に声を掛けてほしい」と話している。

Follow

茨城新聞クロスアイ

on

©株式会社茨城新聞社

茨城新聞の電子書籍 第2弾

 常陸時代の佐竹氏を「後三年の役」から「国替え」まで節目ごとに取り上げ、当主の歴史的選択の背景に迫った。

お求めはこちらから