操縦方法「ビデオゲーム」で学んだ

76人乗り航空機盗み自殺した男

リチャード・ラッセル容疑者。フェイスブックから

 米西部ワシントン州シアトルの空港で10日、地上サービスを担当する従業員の男が駐機中の民間機を盗み、曲芸飛行をした後、墜落する事件があった。当局は自殺を図ったとみているが、男はこれまで飛行機操縦の訓練を受けた経験はなく、操縦士の免許も持っていないことが判明。男がどうやって民間機を操縦したかに関心が集まっているが、管制官との会話で男が「ビデオゲームをやっていた」と話していたことから、当局は男が何らかのフライトシミュレーションソフトで操縦方法について学んだ可能性があるとみて調べている。CNNテレビなど米主要メディアが13日までに伝えた。 

 男はリチャード・ラッセル容疑者(29)で、整備エリアに駐機していた76人乗りのボンバルディアQ400を盗み、管制官の許可のないまま離陸。米軍機が緊急出動し追跡する中、約1時間曲芸飛行を繰り返し、約65キロ離れたケトロン島で墜落した。乗客や乗員はおらず、犠牲者は同容疑者だけだった。 

 CNNなどが伝えた管制官と男との無線通話記録によると、近くの空軍基地に無地着陸させようと、操縦方法を教えようとした管制官らに対しラッセル容疑者は「助けはいらない。以前にビデオゲームをやったことがある」と答えた。また「ランディングギアを下ろす方法は知っている」としながらも、管制官の着陸指示については拒否した。 

 一方で、ラッセル容疑者は「ちんぷんかんぷんだ。こいつが何を意味しているのか全く分からない。自動操縦はオフになっている」と操縦方法を十分に理解できていないことを告白。「(捕まれば)終身刑だよな」「もしうまく着陸できたら、パイロットの仕事に就けるかな」などと自暴自棄となった発言もしていた。 

 英ガーディアン紙(電子版)によると、フライトシミュレーションソフトは個人用のコンピューターにダウンロードが可能で、今では誰でも手軽に利用できるソフトとなっているという。ラッセル容疑者は飛行機の離陸時などに機体をけん引する特殊車両の運転などの地上サービスを担当。家族は事件後に「誠実な夫であり、愛情にあふれた息子だった」との声明を発表した。 (共同通信=太田清)

Follow

47NEWS

on

©株式会社全国新聞ネット

太田清

47NEWS編集長

太田清

47NEWS編集長

共同通信社入社後、広島支局、大阪社会部、外信部、経済部、ベオグラード支局、モスクワ支局、ローマ支局などを経て2016年より現職。

太田清の記事一覧を見る

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む