大阪桐蔭が3回戦へ

全国高校野球選手権第9日

 第100回全国高校野球選手権大会第9日は13日、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)と高岡商(富山)近江(滋賀)が3回戦に進んだ。

 大阪桐蔭は3―3の六回に青地の2点適時打などで4点を勝ち越し、春夏通じて初出場の沖学園(南福岡)を10―4で下した。西谷監督は歴代3位に並ぶ甲子園通算51勝目。

沖学園を破り、駆けだす大阪桐蔭ナイン=甲子園

 近江は前橋育英(群馬)に4―3でサヨナラ勝ち。同点の九回に有馬がサヨナラ打を放った。

近江―前橋育英 9回裏近江無死満塁、中前にサヨナラ打を放ちガッツポーズで喜ぶ有馬(左から2人目)=甲子園

 高岡商は佐久長聖(長野)に5―4で勝った。山田が4失点完投。

佐久長聖戦で完投し、喜ぶ高岡商・山田=甲子園

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る