【高校野球】“横綱”大阪桐蔭が打力と貪欲さで盤石勝利 2度目春夏連覇へ2回戦突破

大阪桐蔭が沖学園に勝利

沖学園は2本塁打などで懸命に追い上げたが…

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第9日、第1試合は大阪桐蔭(北大阪)が初出場の沖学園(南福岡)を中盤から地力を見せて突き放し、10-4で勝って3回戦に進出した。

“横綱”相手にも気後れせず思い切って挑んだ沖学園は、2回2死一、三塁から先発・根尾の暴投で先制。大阪桐蔭は4回に中川、藤原の連打で追いついたが、沖学園も5回、負けずに6番・森島の左翼ポール直撃のソロ本塁打で再び同点とした。

 しかし、大阪桐蔭はその裏に1点を勝ち越すと、6回には2死走者なしから連打と死球で満塁とし、1番・宮崎が三塁手のグラブをはじく痛烈な打球で強襲安打とし追加点。さらに青地の左中間への安打に悪送球もからんで走者一掃となり、一気に点差を広げた。

 7回には、先頭の根尾が初球をバックスクリーンに放り込む本塁打で8点目。8回には走者1人をおいてプロ注目の4番・藤原が、初球を左翼席へ運ぶ2ラン本塁打。流し打っているのに、左翼手が追うのをあきらめる強い打球だった。

 9回には、1回戦の作新学院戦で先発したエースナンバーの柿木が登板。最速151キロの速球を投げ込んで1イニングを抑えた。

 さらに、長打力では中軸と並ぶ6番・山田が2つの送りバントを決め、全員が走者に出ると貪欲に次の塁をうかがうなど、細かい部分でも隙のなさを見せつけた。

 沖学園は2本塁打などで懸命に追い上げ、持てる力は出し切ったが、大阪桐蔭の地力の前に屈した。(Full-Count編集部)

©株式会社Creative2