キラリ一筋 ペルセウス座流星群 13日夜も見られる

夜空を彩るペルセウス座流星群=13日未明、兵庫県猪名川町柏原

 真夏の夜を彩る「ペルセウス座流星群」が12日夜から13日未明にかけて、兵庫県猪名川町柏原の猪名川天文台で観測された。大勢のカップルや親子連れが地面に寝そべり、夜空に一筋の光が見えるたびに歓声を上げ、ひとときの天体ショーを楽しんだ。

 ペルセウス座流星群は、冬の「しぶんぎ座流星群」「ふたご座流星群」と並ぶ三大流星群の一つ。今年は月明かりの影響が少なく、猪名川天文台では1時間に10個以上の星が流れる時間帯もあった。

 明石市立天文科学館によると、13、14日の夜も雲がなければ観測しやすいという。(風斗雅博)

Follow

神戸新聞

on

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい