東日本 今夜にかけて激しい雷雨のおそれ 西日本は猛暑続く

©株式会社ウェザーマップ

13日(月)夜の天気分布予想図

 きょう13日も、東海から九州にかけて、35℃以上の猛暑日の所がある見込み。また、東日本を中心に13日夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定となる。熱中症対策だけでなく、天気の急な変化に対しても引き続き注意が必要だ。

13日(月)昼過ぎの発雷確率

 湿った空気が流れ込んでいる影響で、きょう午後も東日本を中心に局地的に雨雲が急速に発達するおそれがある。今夜遅くにかけて東海、関東甲信を中心に局地的に雷を伴い、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り大雨となる所がある見込み。北陸や西日本方面でも、変わりやすい空模様が続きそうだ。局地的な大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意するとともに、落雷や竜巻などの突風、ひょうが降るおそれがあるので注意する必要がある。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物の中に移動するなど安全確保に努めたい。

13日(月)最高気温の分布予想

猛暑続く 大分で39℃予想

 きょうも、九州から東海にかけて厳しい暑さが続き、大分県の日田で39℃、佐賀では38℃まで上がる予想となっている。また、関東甲信など35℃に届かない地域でも、かなり湿気が多く不快な暑さで、汗をかきやすい状態が続く。こまめな水分や塩分の補給、暑さを避ける工夫など、引き続き熱中症に注意が必要だ。

14日(火)の全国天気予報(数字は予想最高気温と最低気温)

 あす14日(火)も高気圧に覆われる九州から東海で、猛烈な暑さが続く予想となっている。関東の内陸でも、35℃以上の猛暑日となる所がある見込み。
 
 ▼14日の予想最高気温
 38℃  久留米(福岡)

 37℃  京都、豊岡(兵庫)、広島、鳥取、
      松山、山口、福岡、佐賀、熊本など

 36℃  熊谷、名古屋、岐阜、福井、大阪、
      岡山、高松、長崎など
(気象予報士・高橋 和也)